トピックス
 
ハリケーン・ミシェル救援募金について
お礼と報告
 
 このたびのハリケーン・ミシェル被害救援募金につきましては、多くの方々からたくさんの心温かいご協力をいただきました。大変有難うございました。
 第二次締切日が過ぎましたので、ハリケーン被害救援募金はとりあえず本日をもちまして終了させていただきます。なお、この銀行口座はキューバ共和国大使館に依頼し、今回のハリケーン救援募金用に特別に開設していただいたものです。もし、これからもご協力いただける方がございましたら、振込み人氏名の冒頭に「ハリケーン募金」と記したうえでお振込みいただければ幸いです。一定額がまとまり次第、大使館から本国政府に送付していただきます。

 また、キューバ共和国大使館から下記のようなメッセージをいただいております。

 現地の新聞等によれば被災住宅の再建など復興事業は順調に進展しているようですが、一方ではハリケーンによるホテルなど観光関連施設の破壊に加えて、昨年9月11日の世界貿易センタービル事件、世界同時不況、さらに多くの観光客が訪れていたアルゼンチンの経済危機等の影響で外国人観光客が大幅に減少しています。年明けから観光客は徐々に戻り始めているとのことですが、観光業は最大の外貨収入源であり、資金面への影響は大きいものと思われます。また、今年に入り、デング熱を媒介する蚊(エイイディーズ・イージプタスaedes egyptis)が大量発生し、緊急撲滅態勢が取られていることも伝えられています。私たちのささやかな援助がハリケーン被害からの復興に少しでも役立つよう願うばかりです。

ご協力を本当に大変有難うございました。
呼びかけ人一同

 総額 54万5007円(内利息7円)(第一次および第二次締め切り分)
 御芳名(順不同。敬称略)
 コハグラマサアキ  ゴトウマサコ  ヤマダヨウジ  ツルマキトオル
 カモユウゾウ  モリヒロヤスヒラ  シンドウミチヒロ  クボリカズヤ
 ムラカミシンユウ  テラダアキヨ  ツカモトカツヒロ  コンドウアキトシ
 コバヤシユリノ  カナマルコズエ  モリタトオル  カトウカオル
 ハシモトイクオ  セキグチマサヒデ  マツモトヨシコ  ホシイケンゴ
 イザワカズヒコ  アンドウヤヨイ  クボタヒロコ  コハグラケイコ
 ミナミタカシ  マツモトマサミ  タカサワミネユキ  キョウトガイコク
ゴダイガク
 タカノエツコ  オオタケヨーコ  トダイジュンイチ (以上31名)

在日キューバ共和国大使館からのメッセージ

(日本語訳)
2002年3月5日
メッセージ
 
昨年11月にキューバを襲ったハリケーン・ミシェル被害復興支援のために募金を呼びかけてくださった皆様に心より感謝を申し上げます。この間、呼びかけに応えて多くの友人の方々がご協力と善意をお寄せくださいました。

この援助はわが国の国民にとって非常に貴重かつ有益なものであり、被災者への支援や、現在、国をあげて取り組んでおります復興事業に使わせていただきたいと考えております。皆様の心温かいご支援の使途につきましては、後日、本国より報告が届きしだい、お知らせさせていただきます。呼びかけ人ならびにご協力をいただいた方々の崇高な連帯に重ねて御礼を申し上げます。
キューバ共和国大使館
臨時代理大使
ホセ・ガレーゴ
Back
 
copyright(C)Casa-de-Cuba. 2002 info@casa-de-cuba.com