トピックス
 
バックナンバー2002.06.26
 リナレス内野手、中日ドラゴンズ入り
 
7月29日
リナレス、先制打
 
7月28日、甲子園球場で行われた阪神戦で、オマール・リナレス内野手が、4回表の第2打席1死1・2塁でライト前ヒットを打ち先制点を挙げた。打率は未だ1割7分6厘だが、本塁打を含むヒット3本はすべて打点付きで、通算打点5。
試合は3−1で中日が勝った。

28日のリナレス
スコア 内容 打点
無死 空振り三振
1死1、2塁 右前安打
無死 四球
通算打率 .176 通算打点
 
7月28日
リナレス、来日初本塁打
 
7月27日、甲子園球場で行われた阪神戦で、オマール・リナレス内野手が、来日初の本塁打を放った。1回表、2点を先制した直後の1死1塁、カウント0−1からカーライルのカーブを左翼席中段に打ち込んだ。
試合は6−0で中日が勝ち、連敗を「2」で止めた。

27日のリナレス
スコア 内容 打点
1死1塁 左本塁打
2死 中飛
2死 空振り三振
通算打率 .133 通算打点
 
7月24日
リナレス、一軍V打デビュー
 
7月23日、ナゴヤドームで行われた広島戦で「5番・一塁」で公式戦初出場したオマール・リナレス内野手が、1−1の8回無死2、3塁で、左前に勝ち越しの2点適時打を放った。
リナレス自身、「狙っていた球じゃなかった」と振り返るように、第1打席から黒田投手の変化球攻めにあい、ここまで3打席凡退、狙いを変化球に絞っていたところへ内角の直球が来たが、俊敏な反応で球をとらえ、三塁手の頭上を越える決勝打をきめた。
試合は5−1で中日が勝ち、連敗を「3」で止めた。

23日のリナレス
スコア 内容 打点
2死1、2塁 空振り三振
1死2塁 遊ゴロ
1死1、2塁 空振り三振
無死2、3塁 左前安打
通算打率 .250 通算打点
 
7月15日
リナレス内野手が来日、名古屋入り
 
7月13日、オマール・リナレス内野手がメキシコ、成田空港経由で名古屋へ到着した。背番号44番のユニフォームを手に、記者会見も行われた。
翌14日は休養の予定だったが、ホテルのウェートトレーニング場で1時間ほど汗を流した。15日にはチームの練習に合流し、山田監督をはじめ、選手、スタッフと顔を合わせる。

オマール・リナレス
所属チーム ピナールデル・リオ
2002年 第41回ナショナルシリーズの成績
打数 得点 安打 打率 二塁打 三塁打 本塁打 塁打数 長打率 打点
145 35 56 .386 11 1 8 93 .641 41

決勝リーグ
打数 得点 安打 打率 二塁打 三塁打 本塁打 塁打数 長打率 打点
8 2 4 .500 0 0 0 4 .500 1

生涯成績
シリーズ 打数 得点 安打 打率 二塁打 三塁打 本塁打 塁打数 長打率 打点
19 5796 1509 2129 .367 316 53 396 3739 .645 1178
 
6月26日
リナレス内野手の中日ドラゴンズ派遣を決定
 
6月25日、キューバから中日ドラゴンズに「オマール・リナレス内野手(34)を派遣する」との連絡が入った。来日の時期などは未定とのことだが、アマ最強国キューバの主力級選手がプロ野球界に入るのは初めて。

オマール・リナレス 1967年10月、キューバ生れ。85年に17歳でナショナルチームに入り、88年の世界選手権優勝に貢献。以後キューバに同選手権4連覇、バルセロナ、アトランタ両五輪で金メダルをもたらした主砲。184センチ、90キロ。右投げ右打ち。三塁手。
 
Back
 
copyright(C)Casa-de-Cuba. 2002 info@casa-de-cuba.com